ピアスなら耳朶が薄いと裂けます

私はお母さんに誕生日に貰ったピアスと、友達とお揃いで買ったピアスを大事にしています。
お母さんから貰ったピアスは決して高価な物ではないし、何処にでもあるような普通の物です。でも、ピアスの事なんて何も分からないお母さんが一生懸命見て選んだんだな、って感じました。それを裏付けるかのように、2連ピアスだったんです。当時私の耳には一つしか空いていなかったのに。なので急いでもう一つ開けたのもいい思い出です。後日見た時にあまりの驚きにフリーズしたのもいまではいい思い出ですね。それからは遊びに出かける時などは必ずつけるようにしています。さっきも述べた通り高価な物ではないので、すぐにとれてしまい何度か無くしたりしました。その度に泣きながらその日に通った道を辿りなおしたりして探し出していました。なんだか無くしたと気付いた途端に苦しくて、お母さんの顔を思い出して、とにかく探し出さなきゃと言う思いに駆られました。そういう事を繰り返しているうちになんだかお守りの様な願掛けの様な気持ちになりました。
もちろん他にも大事なピアスやお気に入りのピアスはあるのですが、私にとってはお母さんからのピアスが何より宝物のピアスです。

«
»